ライフスタイル

旧国道49号線の遺産

平成30年3月13日(水)

この日は不安定な天気で、お昼ごろから数回通り雨がありました。

時間は3時過ぎていました。

工事の応援で国道49号線沿いの一軒の民家の庭から急傾斜の法面を20~30mほど下った所に見つけた旧道です。

至る平方面
道幅5~6mほど

国道49号線の歴史は

江戸時代 磐城街道、二本松街道、越後街道がそれぞれ存在していました。

1953年 昭和28年二級国道115号線(新潟平線)に指定、現在は相馬猪苗代線

1963年 昭和38年二級国道115号線から一級国道49号線に格上げされました。

法面の石垣、どの時代の物か?
石積
旧道の下には渓流
至る郡山方面は通行止め